メインイメージ画像

電報を使う際にはケースごとの文例を参考にしましょう

必ずしも多くの人が知らない事といえば、冠婚葬祭の時には今でも利用される機会の多い電報ですが、気をつけなければならないのはマナーです。どんなに親しい人に送る場合でも冠婚葬祭ですので、丁寧な言葉や忌み言葉を使わない等、気を使わなければなりません。友達の結婚式に送る場合にも、実際の結婚式で読まれたり、ご両親が見られたりすることもあるので、どんな文章で電報を送るかを知っておきましょう。

ここで電報を送る際に参考になるのが文例です。

電報はインターネットや電話からも送ることが出来ますが、このサイトや電話先やマナーのサイトや本に電報の例文は沢山載っています。送付相手や目的に合せて文例があるので、最初はそこで自分の送りたい相手と目的を明確にして、どんな文章を書けばよいのか考えましょう。目的により使ってよい言葉や使用してはいけない言葉がありますし、通例の挨拶というものもあります。知らないで忌み言葉を使ってしまった、といったことがないよう心掛けましょう。



しかし、ここで注意しないといけないのは文例をそのまま使うということです。文例であれば丁寧な文章にはなりますが、どれほど丁寧に書かれた文章でも、相手に対する思い遣りの気持ちが入らなければ電報を送る意義がありません。もちろんそのまま使うことはミスではありませんが、折角電報を送るのですから伝えたい気持ちがあれば、文例をいじって独自の文章にしましょう。電報をもらっても、よくありがちな文例よりもオリジナリティのあるメッセージの方が嬉しくなります。

更新情報