メインイメージ画像

お悔やみの電報は定型文を参考にするのが適切です

様々な心を伝える手段に電報があります。時代が変わっても、電報の人気は衰えることがないです。弔電とは、葬儀や告別式にどうしても参列出来ない時に、弔意のお悔やみの気持ちを伝える電報などのことです。弔電は、故人の冥福をお祈りするとともに、遺族の悲しみに静かに寄り添うためのメッセージです。



弔電を送るならば個人葬の場合、通夜や告別式が行われる場所である、個人宅、斎場などに、開始時間までに、葬儀の責任者となる喪主宛に送るというのが基本です。弔電を送る場合に特に気をつけたいのが差出人です。受ける側にとって、それがどんな関係で、誰から届いた電報かを判別出来る事は重要なことです。メッセージと同様に肩書や、個人、連名、団体、部署やグループ名、読み方が難しい漢字だったら、ふりがな、住所、電話番号などを付加しておくと、相手が読み間違うことも無いでしょう。



お悔やみを送るのに電報を利用したいのであれば、文面を考える際にオリジナルの文面を考えたいという場合には、相手の事情に立ち入るような、具体的な内容よりも、ある程度は、かしこまった文面で、悲しみを悼む気持ちを届けるのが一般的です。定型文だけでは気持ちが伝わりにくいので、文例を参照しながら、自分の言葉で、追悼の気持ちを届けたいという場合もあります。その際には、きちんとした場に、整った形で届くお悔やみのメッセージは、祝電とは異なりますので、奇をてらった自由な文章ではなく、伝統に準じたものとします。

複数の人が目にするのが想定される事や、ビジネスなど公的な関係のケースなども考慮すれば、丁寧に言葉を選択し、長く続いてきた表現を基調とした、構成済の定例文から選択することで、失敗がなく、礼を失することもないので安心出来ます。

言葉を選ぶ場合には、忌み言葉や、死を生々しく表す言い回し、大げさな表現などを使わないよう注意しましょう。
例えば、不幸が重なることをイメージさせたり、ご逝去された方の不幸を連想させたりする表現は、故人を悼み、残された人達がその後も生きてゆく節目としての葬儀の場ではふさわしくありません。

更新情報