メインイメージ画像

キャラクターの電報サービスについて考える

どういう訳か大切な用事は重なる事も多く、親友から結婚式の招待状を受け取ったのに、どうしても予定が合わなかったりとか、急に外すことが出来ない用事が出来てしまったりと、参加出来ないということもあります。そういう場合に、何とかお祝いの気持ちは届けたい時に電報を送るという方法は誰もが知っていることだと思います。

しかし、今は単に電報を送るだけでなく、有名で可愛らしいキャラクターが電報を届けてくださるというサービスもあって、貰う方もとても嬉しいものです。ぬいぐるみや人形でしたら、結婚式の終了後も部屋に飾っておけます。

ちなみにキャラクターは色々あるのですが、会社によって使えるキャラクターというものは決まっていますから、自分が送りたいというキャラクターがない時は違う会社をあたってみましょう。

実際に電報を送る場合の注意事項は、普通の電報を送る時と特に違いはありません。
電報の到着日は、午前中の披露宴だったら、開始に間に合うように前の日に届くように手配しましょう。しかし、前日は式場が休みの場合もありますから、事前に式場に確認をする方が無難です。

午後の披露宴では、開始2時間くらい前までには届くよう手配しておく方が良いでしょう。宛名は新郎新婦連名が普通ですが、ご両人と面識がある場合には連名で、面識がない場合はある方宛とすれば問題がありません。新婦の名字については新姓で送ってしまいがちですが、旧姓の表記が一般的であります。もし、仮に入籍が終わっていたとしても、ご両家のお名前で式を挙げるわけですから旧姓が正しいです。

ただし、結婚後何年も経っている中で挙式されるような場合は、入籍後の名字でも問題ありません。

キャラクター電報より普通の電報の方が喜ばれると言われる方もいると思いますが、電報にぬいぐるみの贈り物が加わることで、それだけでも幸せな気分になるものです。
殊に女性は可愛いものが好きですので、絶対喜んでもらえます。如何しても花嫁さんと花婿さんのイメージに合ったキャラクターを考えながら電報を贈ってみましょう。

更新情報